気侭Audio

書斎でのオーディオの記録と記憶

IMMEDIA RPM-2のオーバーホール。

f:id:cuerex:20180308221544j:plain

我が家のメインレコードプレイヤーIMMEDIA RPM-2のメインテナンスの忘備録。

気になっていたベルトを交換すべくメインテナンスを決意、ベルトをスパイラルグルーブの輸入元クオリアジャパンから取り寄せて準備完了、分解を始めます。

 

f:id:cuerex:20180308221643j:plain

このプレイヤーは何層にも重なったレイヤーで構成されていて、モーターが乗る層とプラッターの軸が乗る層が分かれた構造になっています。まずはそこを分離します。

こちらはモーターが乗る下側の層です。

上下の境界にはデカップリングにゴムの円盤が3点支持で入っています。

f:id:cuerex:20180308221652j:plain

こちらが駆動用のモーター。黄銅とアルミの削り出しのハウジングに入っています。特に問題はなかったのですが分解してみました。

f:id:cuerex:20180308221858j:plain

モーターはハウジングの中にゴムを使って巧妙にフローティングされていました。配線をテープで留めているいい加減さとは対象になかなか凝った作りです(笑)

f:id:cuerex:20180308221714j:plain

次は上面のプラッター部の点検。アルミのベースに黄銅製の軸受けベースが見えます。

f:id:cuerex:20180308222035j:plain

ベース部からプラッターユニットを外した図。プラッターは黄銅製の最下層、樹脂層、複合材質の層、そしてまた樹脂製の表面という多重構造です。複合素材ゆえ鳴きはほとんどありません。そしてかなり重いです。そして黄銅製のベースプラッターはモーターハウジングの材質とは違う感じで適材適所使い分けしているように思います。あとで気がつきましたが、重さを測っておけば良かったです。

f:id:cuerex:20180308222048j:plain

 

f:id:cuerex:20180308222114j:plain

軸受け側の構造。受けベース、プラッターを受けるシャフト、その底にはルビーのディスクが入っていてプラッター側のシャフトを受けます。その両シャフトの接点にはセラミック製のボールがはいります。一般的には軸受けの支点はプラッター側に軸があり受け側の最下部で軸受けと接触するのが一般的だとおもいますが、この構造は軸受けの接点がプラッターのベルトの位置あたりにある構造でなかなか凝った作りです。

一番左はプラッター抜け出し防止のストッパー、プラッター側の溝に入り込んでプラッターが抜けないようになっています

軸受けの状態は良かったので脱脂洗浄剤で油分をクリーニングして新しいオイルを塗って組み付けて終了。

 

f:id:cuerex:20180308222133j:plain

ベルトはウレタン製と思われる丸ベルト。新しいベルトとの比較です。

f:id:cuerex:20180308222149j:plain

上下のキャビネットを載せて・・・

 

f:id:cuerex:20180308222252j:plain

プラッターを載せながらベルトを装着して作業完了。かなり重量があるので(31Kg)

組み付けには慎重になります。しばらくメンテなしで動いて欲しいですね。

次はトーンアームのセッティングです。

 

我が家のレコードクリーニング作法。

私は音源というだけでなくレーコードそのものが大好きで、休みになると中古レコード屋さんを巡って少しづつコレクションを増やしています。

入手するのは主に中古盤ですので、買ってきたレコードのクリーニングは必須で今まで色々なレコードクリーニング方法を試してきました。

その顛末はこちらに以前書いてありますが、それからも色々と細々試していて、それも最近やっと落ち着いて自分なりのやり方が出来上がってきました。

そんな当方の現在のレコードクリーニング作法はこんな感じです。

f:id:cuerex:20180222093652j:plain

 使っているクリーニングマシンはイギリスLORICRAFT AUDIO社製PRC3/4です。
VPIなどのバキュームタイプではなく、同じくイギリスのキースモンクと同じ一点吸入式のクリーナーです。拙宅では湿式のクリーニングの前に大まかなゴミや音溝に入り込んだ細かいチリを取る前処理を行うようになってきています。

f:id:cuerex:20180222094946j:plain

f:id:cuerex:20180222095003j:plain

バキューム前のドライでのクリーニングに使っているのはカートリッッジの修理などで有名なAudio Fab製のブラシ。羊毛100%でとても密度の高いものです。レコードへの当たりもとてもよく掃除している感じがとても心地よいです。

f:id:cuerex:20180222094311j:plain

そのブラシでまずは細かいチリ等を掻き出します。コツは軽く叩きながら掻き出す感じで全周撫ででいきます。

f:id:cuerex:20180222094332j:plain

そうするとこんな感じでホコリやチリのようなものが沢山浮かび上がってきます。
画像では見にくいですが、盤によってはかなり細かい本当にチリのようなものまで掻き出されてびっくりします。

f:id:cuerex:20180222094354j:plain

そのチリをこのローラーで取り除きます。ちなみにこのローラーはレコード用でなくスマートフォンなどの画面クリーニング用。格安で水で洗えば何回でも使えるのでとても使い勝手が良いです。

f:id:cuerex:20180222095045j:plain

そしてここでレコードクリーニング液を使います。はじめ拙宅では以前はこちらのDisc Doctor's製のクリーニング液を愛用していました。そのうちに自分でも精製水などを使ってクリーニング液を自作するようになり、現在のところはアルコール20%に精製水80%とほんの極少量の界面活性剤(ドライウエル)を使用した液を作って使用しています。
それとは別に油性の汚れが目立つ場合はDisc Doctor's製のミラクルレコードクリーナーも使っています。こちらはアルコール不使用のクリーナー液で油性の汚れなどに有効です。

f:id:cuerex:20180222095109j:plain

液をレコード盤に伸ばすのに使っているのはLORICRAFT AUDIO製のブラシ。こちらは似たようなVPI製の物より少し当たりが柔らかで、レコードに優しそうなのでこちらを使っています。

f:id:cuerex:20180222095147j:plain

上がVPI製ブラシ、LORICRAFT AUDIO製のブラシは多分以前使った同じイギリスのWatts製Parastatのブラシにとても近いのでまた探してみようと思っています。

f:id:cuerex:20180222095221j:plain

液を全体に伸ばしてクリニーングに移りますが、伸ばす際は特に力を入れずあくまで液を伸ばす感じでここではゴシゴシと洗うようにはしません。前のドライでのクリーニングで見えるゴミやチリを取り除いているのでそれで取り残したチリや盤面に残ってる離型剤を取り除くための液を広げるだけという感じです。

そのあと液の吸い取りを行いますが、拙宅では内側から時計回り方向で行っています。このクリーナーでは回転が正逆選べるようになっているのですので、あくまでイメージですがレコード針が撫でていく方向と反対回りに行った方が掻き出すんじゃないかと思っています。内側から外側にバキューム終了して最後に縁に残った水滴を軽く拭いてクリーニングは完了です。

このクリーナーの場合バキューム後の盤面はほぼ乾燥していますので終了後そのままプレイすることが出来ます。あと、この方式の素晴らしいのは静電気が全くというほど消えた状態で終了する事です。

f:id:cuerex:20180222095300j:plain

その他のレコードクリーニング用のブラシたち。他にもありましたが今の所残っているのはこれらです。

f:id:cuerex:20180222095333j:plain

こちらは上でも紹介していたDisc Doctor's製のレーコードクリーニングパッド。

ゴム製のつまみにベルベットを貼ったものでウエットクリーニングにも対応。

適度なしなりがあって使いやすく、ベルベットも交換できるシンプルながらなかなかに優れものです。

面白いのは7インチシングル用の設定でこちらはシングルレコードのクリーニングに重宝です。

f:id:cuerex:20180222095349j:plain

右はLAST製のクリーニング用パッド。使い捨てに近い簡易的なものです。

左はそれと自作クリーナーでよく使われている歯ブラシのデンターシステマを合体させたもの。

当方の感想は上のオーディオファブ製と比べるとどうしても密度が低く、当たりが硬い感じとチリなどの汚れを掻き出せていない感じがします。

f:id:cuerex:20180222095407j:plain

ネット上でレコードクリーニングに使われているのを見て使用してみた顔用音波ブラシ。こちらは毛の細さや密度は素晴らしいと思いました。ただ、大きさが小さくてクリーニングに少し時間がかかります。あと、ブラシの密度が高いため力のいれ方と方向が難しいと思いました。

f:id:cuerex:20180222095423j:plain

最近では出番がありませんがこちらのブラシはお気に入りで使っていたのでいまでも残してあるディスクウォッシャー製のブラシ。

その他のレコードケア関係はこんな物を使用。

f:id:cuerex:20180223094033j:plain

上から、ユキムで販売していたSFC、現在は新しい型になっています。使用感は普通。

アナログリラックス製のカーボンブラシはコシが強くて使いやすいと思います。

グレーのブラシはプラモデルメーカーのタミヤ製ブラシで細かいところの掃除に便利です。

一番下のはメーカー名等忘れてしまった静電気除去器、真ん中のレバーをカリカリと押すと静電気が除去されますが、真剣に帯電したレコードには一発では効きませんでした。でも、ある程度は効き目はありますのであると便利なグッズです。

 

f:id:cuerex:20180223094044j:plain

レコード針のクリーナーはこちらを愛用中。上の2つはカートリッジに付属されていた物で上の白いのは全体のクリーニングに下の丸いブラシの物は針先のみに使用しています。

透明のつまみの物はWatts製の物で優しく針を拭きたいときに使用。

一番下のちり取みたいなのは日本のFidelix製のサスパというクリーナー。

こちらは先が柔らかいブラシ、奥の黒い部分がソルボセインっぽい粘着面になっていて結構使い勝手が良く、只今一番よく使う愛用品。

レコード愛好家の方々は皆さま色々な作法でクリーニングされていると思いますが

うちではこんな感じでレコードクリーニングを楽しんでいます。

 

 

 

 

 

 

スピーカーケーブルVer.2

現在スピーカーケーブルにLANケーブルを使って自作したもを使用しているのは以前にも書いていますが、今回新たに本番といいますか、美観も含めバージョンアップした物を製作しました。

f:id:cuerex:20180211100815j:plain

使っているのはカテゴリー6の単線LANケーブル、1m@¥450です。今回は長さ3m、3wayなので3x2で6本同じ長さに揃えてきっちり切り揃えます。

f:id:cuerex:20180211100841j:plain

今回バナナプラグはスイス・マルチコンタクト製を使用。前々回にも使っていい感じだったのと、前回のHirschann Test & Measurement製のバナナプラグで一部若干の接触不良を起こしたことがあって、確実なコネクトなこちらを再採用しました。

f:id:cuerex:20180211100856j:plain

今回は新たに刃先を可変に調節できるケーブルストリッパーを導入、メッシュチューブも被せて製作。

f:id:cuerex:20180211100907j:plain

ここが結構手間がかかるケーブルを捻る作業も慣れてきました。
この後やはり新たに導入した0,5mm単線用ケーブルストリッパーを使いかなり手間が省けました。半田はKESTER#44を使用。プラグとケーブルを圧着ペンチで軽く圧着してから半田を流し込みしっかりと固定。一連の作業を24回やるとちょっと飽きてきますが頑張って集中し作業終了。収縮チューブも同じ長さに切り出し装着して今度は2本ずつ12回ドライヤーでしっかり収縮させて作業完了。

f:id:cuerex:20180211100947j:plain

熱収縮チューブは文字などの印刷のないパンドウィット製を使用しました。前回より少し締まった感じです。3WAY各帯域がわかるよう色分けした収縮チューブも装着。

 

f:id:cuerex:20180211101003j:plain

最後に3本をゆるい三つ編みにし太めのメッシュチューブを被せました。今回は安かったというのもありMonotaRO製を試してみましたところ、つや消しの質感で落ち着いたいい感じになりました。

f:id:cuerex:20180211101025j:plain

f:id:cuerex:20180211101052j:plain

GEM TS-208へのケーブルもほぼ同じ仕様で製作しています。もちろんこちらも長さを合わせています。ツイーター用のアンプからパラレルに出力するために分岐ターミナルを探していたところ、具合のよいターミナルをAmazonにて発見。

f:id:cuerex:20180211101118j:plain

元のターミナルと近接して平行に取り出せるターミナルです。価格もすごく安くびっくり、すっきりとしたレイアウトに仕上がり大満足です。

 

TA-D900の修理

今回ノイズが出て修理が必要になったTA-D900、懇意の販売店から買ったものならそこにお願いすればいいのですが、ネットで買ったものなのでそのあてもなくどこに修理に出すものかと考え色々と検索、送るより手渡しでと思ったのもあって長年海外オーディオ機器のメンテを行っていることや家からも遠くないといことで川越にあるテクニカルブレーンにお願いすることにしました。

まずは電話で症状を伝え、引き受け可能ということで早速持ち込みました。

f:id:cuerex:20180209092219j:plain

川越の少しはずれにあるログハウスでカフェを兼ね営業されている工房です。

f:id:cuerex:20180209092246j:plain

f:id:cuerex:20180209092335j:plain

玄関のウッドデッキには猫が沢山ごろごろしていました。聞いたところ野良猫だそうで、でも人に怖がることなく気持ちよさそうにしていました。

f:id:cuerex:20180209092449j:plain

早速機材を見てもらってその場で簡易的に確認しての診断結果はどうも接触不良や接点の不良の疑いが濃いとのこと。

その辺りから他の可能性も含めて一通りみてくれるとのことで、とりあえず重症でなさそうでほっとしました。

f:id:cuerex:20180209092301j:plain

ついでという感じでしたが、リスニングルームでそのときに鳴らしていたマンガーユニットを使ったMANGERというスピーカーとテクニカルブレーンのプリメインアンプで色々と聴かせてもらいました。クセがなくて機材の存在を感じさせないナチュラルな音でした。テクニクス、タンノイ、アポジーなど色々なスピーカーがあって興味津々でした。

f:id:cuerex:20180209092549j:plain

修理自体は一週間ほどで完了し、連絡を貰って内容を伺うと、やはり接点の不良や半田クラックだったそうでリレー交換や半田のやり直しなどをしてもらいさらに色々見てもらい修理完了。

家に持ち帰り接続しますと以前より少しすっきりしてS/Nが上がった感じで、上の帯域にも艶が乗ってきたように思います。

これで現用のアンプ類は全部メンテナンス済みになり、しばらくは安心して音楽を聴けるかなと思っています。

 

 

dbx234xs再び

さて、久々に交換したdbx234xsですが、最初元気がいいなと思った部分が今は荒っぽく聞こえてきて、高域もちょっと煩い感じに感じてきました。定位も少しだけですが、センターに寄らなかったり、以前使っていた時の印象と大分違います。

f:id:cuerex:20180122231120j:plain

端的に言うと全体的にイマイチなのです。前に使っていた感じと違うので違和感じつつしばらく様子を見てつつ聴いていたところ、デバイダーがラックのセンターからほんの少しずれたところにあったのが気になって少し動かしてセンターに寄せるとあら不思議、音がすっきりしてきました。

f:id:cuerex:20180122233421j:plain


普段ラックの中の機器のポジションは気になる方でしっかりと設置しているのですが、今回は気が抜けていたというか、とりあえずという感じで前のTA-D900と同じフィニッテ・エレメンテのインシュレーターを使ってセットしただけでポジションはあまり気にかけていませんでした、改めて反省してしっかりセットすると大分違和感なくなりました。それでも、やはりTA-D900に比べるとS/Nや高域の質などはやはりかないません。

改めて早くTA-D900の修理先を見つけて修理してもらわないとなと思います。

 

故障・・・・

普段パワーアンプより前段の機械は常時通電状態、更に冬場はパワーアンプも付けっぱなしの事も多い我が家ですが、スピーカーのセッティングのためにパワーを入り切りしているとスピーカーから微かなノイズが聞こえてきました。
色々と接続を変えながらノイズの元を確かめると、どうもチャンネルデバイダーが原因のようです・・・・・
片チャンネルのミッドレンジ出力からのノイズが出ていてこれは要修理、早速予備機の
dbx234xsと交換。

f:id:cuerex:20180120094349j:plain

ケーブルもこれに合わせたケーブルに交換してささっと接続、とりあえず音は出て一安心。

f:id:cuerex:20180120094555j:plain

さて、こちらのTA-D900、国産機なのでどこで修理したらいいやら、雑誌やネットを見たりして只今思案中。せっかくなのでしっかりメンテしてもらおうと思うので、しばらくはまたdbxのお世話になりそうです。
f:id:cuerex:20180120094925j:plain

とりあえず繋いだdbxは解像度は低いもののちょっと元気な感じの音になって、これはこれで楽しんで聴けそうです。

 

GEM TS-208

以前から是非導入したいと思っていたGEMのスーパーツイーターTS208をやっと入手。
年末にやってきて正月の休み中色々とセッティングして楽しんでいます。

f:id:cuerex:20180108093403j:plain

それにしてもこれはかなり支配力のあるユニットですね、低域は締まるし音像は自然になるし、なによりボーカルの歌詞がよりわかるようになったのはびっくりです。
前にもSony SSTW100EDを使った事もあったのですがそちらとは大違いです。
今はツイーターとパラレル接続で接続しているので簡易的ですが、今のチャンネルデバイダーTA-D900は4WAYで10KHzカットのモジュールも入っているので、もう一台パワーアンプをあてがって4WAYにして詰めていこうと思います。

さて、パワーは何がいいのでしょうか、同じDMA-80が理想ですが、なかなか無いので
下のアンプを変えて上にあてがうのも手かとも思いますし、色々と考えるところです。
そんな事を考えながら色々と物色してる時が楽しいこの頃です。

f:id:cuerex:20180108094600j:plain

初めてのトラブル。

Boxer T2 使い始めて約2年、初トラブル、ツイーターが飛びました。

いつものように聴いていたところなんか変な感じがしてスピーカーに近づくと、

左側の音が篭っています、スピーカーケーブルの接触?アンプ?と疑って接続などチェックしますが問題無し、念のためアンプの出力入れ替えてもダメ、これはツイーターが飛んだと判断。

自分は今までスピーカーでトラブルを経験したことなかったのでちょっとショック。

ただ、このスピーカーはツイーターとミッドレンジの振動板が簡単に交換できるのがウリのはず、もしかしたらなんとかなるかもと販売店に連絡すると、当時の代理店だった太陽インターナショナルに聞いてもらえ、即日回答でなんとツイーターの在庫ありとの返事。

もう20年も前の製品の、それもそんなに売れたとは思えない製品の部品の在庫があるとは素晴らしいです。

早速送ってもらい自分で交換しました。

f:id:cuerex:20171128090212j:plain

到着した新しい振動板。黒くぬめっとしています。

f:id:cuerex:20171128090245j:plain

ツイーターユニットを取り外し、アルミ製のリングから振動板を取り外します。
こちらは裏が透けて見える感じでちょっと質感が違います。

f:id:cuerex:20171128091506j:plain

f:id:cuerex:20171128091429j:plain

振動板ユニットはこんな感じです。交換に際して半田付けや端子の接続なしで簡単。

f:id:cuerex:20171128090303j:plain

スピーカー側はこんな感じです。気になるボイスコイルのセンタリングも位置決めのピンで固定されるようになっていて安心です。

f:id:cuerex:20171128090317j:plain

ほんの一瞬で交換完了。音ももちろん問題ありません。

これは気のせいかもしれませんが、前より高域が伸びた感じがします。

前のツイーターとコーティングが違うため音が変わってもおかしくないし、左右で色違いというのも落ち着かないのでもう一方のツイーターも変えることにしました。

交換は簡単なので(笑)

ただ、ほぼ見た目だけの問題でちょっと痛い出費となりました。

安定期。

前回のブログでチャンネルデバイダーをTA-D900に変更してから約3ヶ月、全く安定して不満なく過ごしておりました。

デバイダーの交換は主にSNはもちろん音のコントラストが良くなり、スピーカーのセッティングの違いが良く分かるようになってまさにミリ単位でのセッティングに反応するようになりました。

ここのところは主にスピーカーの微妙なセッティングの差を試しながら楽しく過ごしています。

あえて変わったのはケーブルぐらい、というのもdbxはバランスなのでデバイダーとアンプはバランスーアンバランスのケーブルを作って対処していたのですが、TA-D900はアンバランス出入力なのでとりあえずのアダプター噛ませたケーブルからちゃんとしたケーブルを製作。

 

f:id:cuerex:20171121220353j:plain

3X2合計6本分のRCAケーブルの部品を揃えて製作開始。

f:id:cuerex:20171121220528j:plain

ケーブルはカルダスの4X24、細いですが4芯+シールドのケーブルでうちではラインは全てこれで製作しています。

f:id:cuerex:20171121220836j:plain

 細いながらも外皮、テフロン、シールド、黒いダンピングの効いた樹脂らしきもの、テフロンと何重にも層がある中に4本のリッツ線の芯線という凝った構造です。

f:id:cuerex:20171121221143j:plainプラグは海神無線さんの店頭で売っているものがお気に入りでずっと使っています。

f:id:cuerex:20171121221328j:plain

半田もカルダスの物を使って製作。もう何度も作っているのでやり始めればそれほど苦もなく製作完了。同じ長さで安心して使える物出来ました。

 

チャンネルデバイダー再び TA-D900 編

このシステムになって何台かのチャンネルデバイダーを試しましたが、結局一番安物のアナログデバイダーdbx 234に戻ってしまうという決定打が見つからない状態から久々にシステムの変更がありました。

f:id:cuerex:20170823100648j:plain

今回のきっかけは、使用していたパラメトリックイコライザー Klark Teknik DN-410が故障してしまったことに始まります。これはデザインも含めかなり気に入っていたので、対になるDN-800というチャンネルデバイダーも使ってみたくなり、色々探してebayにて新品未使用品を見つけ入手だけはしていました。

ですが、このデバイダー、周波数設定がボードを差し替えるタイプで、その周波数設定変更は古すぎるという理由でメーカーでは不可、そこでいつもお世話になっている工房にボードの製作など依頼していました。簡単な仕事では無いので何時でもいいですと待っていましたが、なんとその間にイコライザーが故障してしまいました。仕方なしに外して聴くと以外と悪くありません。イコライザーの調整はもちろんですが、スピーカーの位置の調整などして補正を少なくしていくとイコライザーがいらなくなってしまうというイコライザーあるあるですね。(笑)

そうなるとセットで考えていたデバイダーに縛られずに新しいのを試そうという気持ちがまたムクムクと上がってきました。

それで色々と調べて今回試したみたのはこちら。

 

f:id:cuerex:20170823100452j:plain

アナログ全盛期のデバイダーの一つ、SONY  TA-D900です。実は前から気になってはいたのですが、古いということとデザインがうちの機材と合わないとか、イコライザーと一緒にラックにうまく収まらないとかで今まで候補から外れておりました。今回イコライザーを排したことでラックに収まるし、デザインはこの際まあいいかと(笑)思い切って導入しました。

f:id:cuerex:20170823100511j:plain

さて、いざ探し始めると販売店ではなかなか見かけないので、ヤフオクにても物色しましたがなかなかいい個体が無く、いい物が出ると競り負けて入手出来ずにいました。

引き続き色々と探していた所、ひょんな所でまあまあの個体を発見。なんと楽天のショッピングモールで中古が販売されていました。販売店だったのでもし良くなかったら相談もできるだろうと思い思い切って購入。品物はすぐに送られてきました。

来たものはなかなかにグッドコンディションでとりあえず試しに接続してみたところ機能も問題無くほっと一安心。

ですが、さすがに古い機械なのでせめて電源部の電解コンデンサーぐらいは替えてあげようとそれぐらいなら自分でと夏休みの工作よろしく作業開始しました。

f:id:cuerex:20170823100529j:plain

とりあえず電源部のコンデンサーを交換、ついでに入力部の抵抗をいい物に変えてみました。

f:id:cuerex:20170823100547j:plain

あと気になったのは電源ケーブル。直出しというのもですがうちのレイアウトでは長さが余って格好が悪いのでIECインレット仕様に変更。

f:id:cuerex:20170823100602j:plain

ぴったり収まって満足です。

f:id:cuerex:20170823100622j:plain

何時も頼りになったdbx234xもまたしばらく眠りにつきます。

 

さて今度のデバイダーはどのような結果になるでしょうか、ボチボチと使ってまいります。